ブロック注射

  • HOME
  • ブロック注射
ブロック注射

ブロック注射とは

ブロック注射は、疼痛治療の一環として行われる医療処置のひとつで、痛みを伝達している神経や神経叢に対して、局所麻酔薬やステロイドなどの薬物を注射して痛みを遮断する方法を指します。特定の神経を一時的に「ブロック」することで、痛みの伝達を遮断または減少させることが目的です。
ブロック注射の他に疼痛部分(トリガーポイント)に痛み止めを注射する「トリガーポイント注射」や、肩凝りやギックリ腰の際に筋肉と筋肉の間にある膜(筋膜)に注射液を入れる「筋膜リリース」などがあります。

当院でのブロック注射

当院ではブロック注射やその他の注射の際、正確かつ安全に狙った部位に注射液を届けるため、エコーを使用して注射を行います。

①頻度の多いブロック

当院でのブロック注射

・頸椎神経根ブロック ・仙骨硬膜外ブロック ・坐骨神経ブロック
・肩甲上神経ブロック ・正中神経ブロック  ・尺骨神経ブロック
・伏在神経ブロック ・椎間関節ブロック  ・仙腸関節ブロック 等

②トリガーポイント注射

当院でのブロック注射

痛みのある部分に麻酔薬を注射します。時に痛みのある部分とは違う部分に注射することで効果を発揮する場合もあります。

③筋膜リリース注射

当院でのブロック注射

肩こりや急性腰痛症(ギックリ腰)の際に特に施行されます。
筋肉の表面を覆う筋膜に注射液を入れることにより疼痛やこりを改善させます。

お問い合わせ
contact

ご不明点などございましたら、
十条かねたか整形外科へ
お気軽にご相談ください。

通常診療についてはこちら

03-3900-3322

訪問リハビリ専用ダイヤル

03-5948-4331

キャッシュレス決済が可能です

午前診療 × ×
午後診療 × × ×

午前診療:9:00~12:00(土曜日:9:00~13:00)
午後診療:15:00~18:30
休診日:水曜日・土曜日午後・日曜日・祝日