再生医療

再生医療とは

再生医療とは

再生医療は、体内で組織や器官を再生・修復することを目的とした医療の分野を指します。再生医療は、病気やけがで損傷した組織や器官を取り戻すことが目標であり、様々な技術や手法が利用されています。 再生医療の主なアプローチには以下のようなものがあります

1.細胞療法:患者自身や他者の細胞を採取し、培養・増殖させた後、損傷した部分に移植することで組織を再生・修復します。代表的なものとして、幹細胞療法があります。
2.組織工学:生体適合性のある材料(スキャフォールド)と細胞を組み合わせて、新しい組織や器官を実験室で作製し、これを患者様に移植する技術です。
3.分子療法:特定の分子や遺伝子を標的とする方法で、組織の再生や修復を促進します。

メリット・デメリット

メリット

  • 従来の治療法で治癒が難しい疾患や損傷に対して
    有効な治療法をご提供できる可能性がある。
  • 器官移植のドナーが不足している状況での代替治療として
    期待される。

デメリット

  • 安全性や効果の確立が必要。
  • 高額な治療費がかかる可能性がある。
  • 倫理的な問題や社会的な受け入れを必要とするケースがある。

近年、再生医療は研究が進められており、多くの疾患に対する革命的な治療法として注目されています。
ご検討されている方はまずは一度当院へご相談ください。

お問い合わせ
contact

ご不明点などございましたら、
十条かねたか整形外科へ
お気軽にご相談ください。

通常診療についてはこちら

03-3900-3322

訪問リハビリ専用ダイヤル

03-5948-4331

キャッシュレス決済が可能です

午前診療 × ×
午後診療 × × ×

午前診療:9:00~12:00(土曜日:9:00~13:00)
午後診療:15:00~18:30
休診日:水曜日・土曜日午後・日曜日・祝日